ありがちですが、お勉強とお稽古事しよう。

時間の過ぎるのを早く感じるようになった、50才になってしまった女性です。

正社員で働いていることが長かったのですが、最近は勤務先が自宅近辺の住宅地ということもあ、パート・アルバイトです。

小学生の頃は悠久な時間が流れているようで、昔のドラエモンの漫画にでてくるような子供でした。
現在からすると、ちょっともったいなく感じるほど自然の中で過ごしていました。
今では想像もつかないほど、原始的な自然の中で遊ぶのが大好きな子供でした。

そのような自分でも、ピアノやバレエ、茶道のようなお稽古ごとが心底やりたく思う時期がありました。

満席であったり、小学生は対象でなかったり、お金がかかったりでやれませんでしたが、通常のお勉強以外のベーシックな教養になるので、才能云々はともかく、
ピアノやテニス、立ち振る舞い等は、子供の頃に基本的な教えを受けた方が良いと大人になってからつくづく思います。

小学校で勉強することは、社会生活を送ることで基本となる重要なことですが、そのこととは別にもう少し熱心にお勉強するなり、やりたいと感じたお稽古事をしておけば良かったとは思っています。

現在自分でお金が使えるようになってから、やりたかったお稽古事はしましたが、逆に今はそのような余裕のある時代でなく、もっとリアルな資格試験の勉強をして、身を固めなければならない時代なのだと、感じる時があります。

小学生に戻ったらもっとしっかりお勉強しなきゃとは思いますが、当時したくてたまらなく思う物ほど、後に血となり肉となるようです。
それをつまらない事で諦めずにやっちゃいなさい、というのがその頃へのアドバイスでしょうか。
 

ありがちですが、お勉強とお稽古事しよう。
トップへ戻る