算数をもっと勉強して得意になりたかったこと

私は30代後半の女性です。
既婚で主人と2人暮らしをしています。

結婚をしてから専業主婦になりましたが、毎日単調な生活のため、何か資格を取得して働きたいと考えています。

私がもし小学生に戻れることができるなら、算数をもっと勉強したいと思います。

私は小学生の時から算数が苦手でした。
特に小学5年生頃から苦手になってきて、テストも一番点数が悪かったです。
他の科目成績は良いのに算数だけ90点以上取れることがなかったため、母からいつも「算数はだめね。」言われていました。

やはり子供なのでそのように言われると、自分は算数ができないのだと思い込み、それ以降自発的に勉強をすることが嫌いになりました。
親は苦手科目があることについてあまり気にしないタイプで、塾に通わせたりすることもなくそのまま中学生になってしまいました。

中学生になっても算数嫌いのままだったこともあり、数学の成績はかなり悪かったです。
その結果高校へ入っても数学は全く理解できなかったので、国立大学へ進学することはできませんでした。

私立文系なら数学は必要ないので、その方面へ進学しましたが、もし数学ができていたらもっと違う進路を選択することができていたのではないかと後悔しています。

やはり小学生の時にきちんと算数を勉強して算数を好きになっていれば、数学もそれほど悪い成績をとることはなかったと思うのです。

あの頃の自分にアドバイスできるなら、「算数の苦手意識をなくして勉強して」とアドバイスしたいです。

算数をもっと勉強して得意になりたかったこと
トップへ戻る