子どもの頃にピアノの良さが全く理解できなかった結果は後悔ばかりです!

50代後半の主婦であり、会社員で、子どもは社会人の女の子と大学生の息子の4人家族です。

主人は今年定年を迎え再雇用で働くのですが、このまま2人老いていくだけの人生なのかなと考えると、趣味が非常に大事だなと思う常日頃です。

小学校時代ははるか昔になりますが、後悔は沢山あるのですが、絶対にやっておけばというか続けておけばと思う事が1つあります。

小学校時代は親の転勤で北海道に住んでいました。

田舎でしたので、あまり楽しみがない中で親がピアノを習わしてくれました。
無理をして結構あの当時はいいピアノを買ってもらい、5年間習いました。

その時は自分から進んで習いたいと思っていた訳ではないので、週に1度のピアノのレッスン日は練習をしていないと先生に叱られるので、どうやって仮病使ってレッスンを休もうかなどと悪い事ばかり考えていました。

ただ小学校1年から始めたピアノは、バイエルからソナチネでソナタの始めまでは引けるようになったのですが、基本的にピアノの良さがわかっていないので、後に小学校5年の夏休みには転勤で居住を移してからは、ピアノは家にありましたが、習う事はありませんでした。

私の親は戦争を体験している世代で、自分の子どもが家でショパンやベートベンを引けるようになり、静かに聞ける事を楽しみにしていたのだと思いますが、中学校時代までは何となく簡単な曲位なら指も動いて引けたのですが、やがて高校時代から大人になり全く引かなくなった結果、指はもう動きません。

決して上手ではありませんが、きちんとした指使いピアノを習っていた時代はしっかり出来ていました。

エリーゼの為にやトルコ行進曲レベルなら弾く事が出来ていたのに、もう私にはピアノを弾ける指と頭に入っていた楽譜は全くありません。

せっかくのチャンスを親が与えてくれたのに、自ら棒に振ってしまった小学生時代がもう一度戻れるとしたら、きっと毎日励んで練習をこなし名曲を子どもたちにも聞かせてあげる事ができたかもしれません。

子どもの頃にピアノの良さが全く理解できなかった結果は後悔ばかりです!
トップへ戻る