30代後半の男性です。
現在独身で両親と暮らしています。
3月まで派遣社員として大手企業で働いていました。
今は新しいお仕事を探しています。

小さい時から親の持っているカセットテープや、兄弟が持っているCDを一日中聴いて飽きないほどの音楽好きでした。

今度は聴くだけじゃなくて、自分で演奏してみたいと思い、高校の頃にエレキギターを、社会人になってシンセサイザーを、そして昨年電子ドラムを買い揃えました。

しかし、仕事の忙しさもあったのですが、楽譜を見たり動画をみて演奏してみようとしたのですが、中々上達しません。
パソコンのキーボードは早く叩けるのに、シンセサイザーやドラムは思うように指や手が動きません。

もうこの時点で心は折れ、残ったのはショッピングローンでした。

もしも小学生に戻れたら、大好きな音楽をもっと頑張っていればと思ったのです。

その当時、引っ込み思案だった私は、人前に立って何か一芸することを躊躇していました。
校内の演奏会でドラムやエレクトーンを誰がやるかと募集があっていても、周りの挙手するスピードと勢いに負け、その他大勢のピアニカばかりでした。

同級生がドラムを叩いたり、エレクトーンやキーボードを上手に弾いている姿を見て、演奏できるって羨ましいと感じていました。

確か教室の隅っこにドラムが置いてあったのですが、物珍しさから休み時間や昼休みはドラムの周りから人が絶えませんでした。

叩きたいなと思いつつも、立場が弱かった上に、すぐに追い出されるかもと思い中々踏みきれませんでした。

立場が弱いということは、気持ちや感情の出し方が下手だったと思いますので、喧嘩してでも行って来いと、その当時の自分に言ってやりたいくらいでした。

もう少し前に出る勇気があれば、もしかしたら自分の人生は変わっていたかもしれません。


Categories: