押し殺さず、小さい頃から好きなことをやり、やりたいことをするのが大事

現在実家で生活をしている30代前半終わりかけの独身男性です。
転職を繰り返し、貯金も友達付き合いも少ないので、はたから見ればかなり社会的にダメな人間と見られるだろうなとは思っています。

自分自身について改善するべき点は多々あるとは思いますが、まずは心身のバランスを現在よりマシな状態に戻すことを考えて生活をしています。

もし小学生に戻ったらやっておきたいことは、

       「どんな目にあっても、やりたいこととやりたくないことを全力で主張すること」
です。

というのも、現在の時点でも自分の好きなことややりたいことというのが全くわからないからです。

一体どうしてそんなことになったのかと本やネット、あるいはカウンセリングを受けて調べてみたところ、あまりにも他人の目を気にしすぎて自分を押し殺しすぎたために「どうやって生きたらいいかわからない」状態になったようです。

外では他人の目、家では親の目を気にしていたので、自分の欲求を振り返る余裕がなかったのですね。
だからこそ、それこそ好きなことややりたいことを明確に出せ始める小学生の時から自分の好きなことややりたいことを貫き通せば、将来の目標もはっきり打ち出せたのではないかなと思っています。

もし小学生の頃の自分にアドバイスできるのなら「やられっぱなしで辛いだろうし周りもさほど味方はしてくれないかもしれない。これからも他人は好き放題言ってくると思う。他人の言葉は一切聞かないくらいの気持ちで、これが好き、これがやりたいということを常に頭に浮かべていてほしい」と言いたいです。

押し殺さず、小さい頃から好きなことをやり、やりたいことをするのが大事
トップへ戻る