私は現在34歳の男性です。小学生の頃から人見知りで、友達と遊ぶことを避けて、一人で読書やゲームなどをして遊んでいました。時々母親が心配して、友達と遊んできたらなどと言うので、無理やり遊びにいったりもしていましたが、やはり楽しくなくて、一人で遊ぶ日々です。小学生の時もそうでしたが、中学も高校も大学もそんな感じで過ごしました。一人でいることがとても好きなのでした。しかし現在の年齢になって、とても後悔しています。この年齢になっても、友達は一人もおらず、もちろん恋人もいません。これはとても寂しい人生です。しかしいくら寂しくても、もう友達をどうやって作っていいかもわからずに一人で寂しく、ネットサーフィンをする毎日です。仕事もしていましたが、集団生活に馴染むことができずに、辞めてしまい、自宅でパソコンを使ってできる仕事に切り替えました。このまま一人で寂しく暮らしていくのかと思うと、小学生の頃に嫌でも、友達と一緒に遊んだり、色んな活動をして、人との付き合い方を学んでいれば良かったなと思っています。今も、人と一緒に楽しそうに遊んでいる人や、愛し合っている恋人達にコンプレックスを抱いてしまいます。なので街中に行くのも、とても抵抗があります。完全に一人で引きこもっていることが多いですね。私の将来はとても暗いですが、あの時は一人で過ごすのが好きだったのですから、仕方がないと思っています。しかしもし小学生に戻ることが出来るなら、友達と遊びたいですね。