私が小学生時代にやっておきたかったこととは

30代前半の男性です。
現在の職業は会社員で、同い年の妻と子供が1人の3人で生活。
住まいは賃貸の2LDKアパートです。

自分自身のことを客観的に見て、よりこうした方が良いと思うことは「すぐ諦めてしまうのを改善したい」ということがとても強いですね。

最近、ちょっと不規則な生活が続いていたことが影響してか、体重が増えてきて肥満体形になりつつあったので、それを解消するためにジムに通うようになったのですが、通い始めて一カ月で行かなくなってしまいました。

よく何かをスタートした際、途中で諦めて終わってしまう癖があるので、これを直してしっかり続けることが出来る根気強さをちょっと欲しいなと思う今日この頃です。

そして、自分自身が小学生時代に戻れるならと思った時に一番やりたいのは「英会話の教室に通うこと」です。

なぜ英会話をあげたのかというと、最近仕事で外国の人とやり取りをすることが多いのですが、その際に私自身の英会話スキルがあまりにも乏しいことから上手く会話が進まなかったりして、相手にあまり良い印象を持たれないということが多々あり困っている経験があることが理由です。

小学生時代を思い返してみると、自宅付近に英会話教室はあったのですが「教室に通っても英語なんて使うことはないから」という思いがあったので、通うことは無く、英語にまったく縁を作らないまま生活をしてきました。

あの時、英会話教室に通い英語に関心を持っていれば、今の仕事にもきっと活きているのではないかなと思い後悔しています。

もし、この瞬間に小学生時代の自分に会えるとしたら「きっと英語は面白くて将来役に立つから!」と熱意を持って説得をしていると思いますね。

私が小学生時代にやっておきたかったこととは
トップへ戻る